2007年09月26日

高山わんわんパラダイス

9月25日は
十五夜満月中秋の名月でしたね。
月がきれいに見えました。
ロニィとマリオの家では、花より団子。
いや、花と団子ヤギ
tukimi.jpg
お月見アレンジ花とタマゴヤのお月見ロールケーキ
ポンポン菊で作ったうさぎがポイントですウサギ





さて、何度も言っていますが
今年の夏休みは、ワインの勉強町内会の夏祭りなどで
どこにも出かけなかったワタクシ。

ダイエットして、思い切りリバウンドするような
出かけたくて出かけたくて仕方がない・・
そんな病になってしまいました。

題して、

夏休みを取り戻せ!Part1!


高山わんわんパラダイス編!


(Part3まである予定なので、どうぞお付き合いください)

前から行きたかった、わんわんパラダイス
セラヴィリゾート泉郷の施設で、高山・八ヶ岳・鳥羽・安曇野・蓼科・伊豆高原にあります。
その名の通り、全館わんこOK、コテージやドッグランやトリミングルーム、
愛犬サロンなど揃っていて、至れり尽くせりの施設です。

DSC054671.jpg

今回は私とラブロニィ、友達のぴかさんパグちょめ
2x2で行ってきました車(セダン)

DSC05542.JPG

当初の予定では、上高地あいのりバスツアーというのがあって
わんこと一緒に上高地へ行ける予定だったのですが
途中から規制が厳しくなり、
大型犬不可バッド(下向き矢印) すべてのわんちゃんゲージで移動ー(長音記号1)
ということになったため、あえなく断念。

でも、高山は意外とわんこと周れるスポットがたくさんありました。
まずは滝へ次項有

DSC05567.JPG

41キロの大きなロニィと小さめの私。
普段はロニパパがボスの為、私のことをなめているに違いないロニィ
旅の途中で興奮して暴れたりしたらどうしよう・・
少し不安でありました。


ロニィは何度も滝へダイブしようと狙っていましたが
なんとか制止。

途中、そっくりな黒ラブに遭遇

DSC05562.JPG

鏡?
いつもならケンカをふっかけるロニィですが
この時はしませんでした。ホッ・・

なんとなく、大人になったロニィ
DSC05563.JPG

終始、私の言うこともよく聞いて
とてもお利口でした。うれしいよぉ顔(泣)

うれしそうな私を、うれしそうに何度も振り返って見るロニィぴかぴか(新しい)
DSC05416.jpg
そうかそうか、そんなにうれしいか

調子づいた私達は、そのまま飛騨大鍾乳洞
なんと、こちらもわんこOK。
え?こんなでかいのが入場して良いのですか?
どうぞ〜と軽い返答。
恐る恐る中へ・・

DSC05572.JPG
涼しいー雪
しかも、チョロチョロ水が流れたりしてロニィは大興奮ダッシュ(走り出すさま)
なんとか興奮を抑えながら、急な階段もクリアして
周ってきました。


車内の様子目
syanai.jpg

夜は、高山わんわんパラダイスのレストランで食事です。
もちろん、わんこOK。
わんこメニューも充実していますエサ

ロニィも連れてレストランへ行きましたが、
天井のプロペラ扇風機に反応してしまい、
わん!わん!わん!止まりませんあせあせ(飛び散る汗)
家にもこのプロペラ扇風機があって
回ると必ず吠えるのです。
きっと怪しい物体だと思っているのですよね。
ということで、即効でロニィは部屋へ強制送還たらーっ(汗)

レストランは、ほぼ全員わんこ連れ
syokuji.jpg
食事は飛騨牛中心の和食レストラン

ホテルの周りには川が流れていて
小川で遊ぶことができます。

DSC05534.JPG

さっそく暴れまくるロニィ

DSC05539.JPG

そして・・
今回の目玉目

わんこ混浴温泉

すべて個室になっていて、予約制で入れます。
連休ということもあり、満室でしたが、
けっこう数があり、すぐに空きました。

広い風呂場で、人間用とわんこ用のお風呂があります。
ロニィは一目散に人間用のお風呂へダイブしようとしましたダッシュ(走り出すさま)

そこはダメ〜!!

DSC05473.JPG

熱かったのか、慌てて出てきました。
あーよかった。

わんこ用のお風呂はぬるめにして
2匹仲良く?入っていました。

人間の年齢にすると、女子高生とオヤジ。

huro.jpg

パジャマに着替えたちょめ
DSC05514.JPG
モエ〜

DSC05515.JPG
デヘ〜
パラダイスな一日を満喫したロニィ

母達はアスティで乾杯バー
DSC05483.JPG

以上!高山わんわんパラダイス編でした猫(足)

Part2は、伊勢志摩の旅(わんこ抜き)です。



ランキングに参加しました↓
banner_04.gif
よかったらクリックしてね♪

ニックネーム mimi at 20:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

二次試験を終えて

今日は一日家に居るのですが、
ツクツクボウシが一日中鳴いています四葉
夏も終わるということで、この暑さもあと少しの我慢です。

さて、日本ソムリエ協会主催ワインエキスパート試験ですが
9月17日に二次試験が終了しました!

一次は無事に合格しました。
二次対策の教室に集まった4名と先生で、
小さく万歳三唱しました。

バンザーイ、バンザーイ、バンザーイ\(^o^)/

DSC01484.JPG

なんなの、この態度。
そりゃあ、試験の前はイライラしたり、
せっかくの休みにどこにも行けなくて、
君たちには迷惑をかけたわ。

DSC014820.JPG

だからって、少しは喜んでくれても・・
そもそも、なんの実利もないエキスパート資格を取ろうと思ったのは、
ワインが好きだとういうことが第一の理由ですが、
もう一つは、何か頑張ってみたかったのですダッシュ(走り出すさま)

お金があれば、何でも手に入る豊かな世の中、
マイナスがないとプラスに気付かないと思ったのです。

どんなに高級な食材の一流シェフの料理よりも、
山頂で食べるカップヌードルの方が断然おいしい!

それが、資格と何も関係がないようにみえますが
私の中では、努力して辛い思いをして勝ち取った資格に
意味があるのです。

その後で飲むワインは、
どんなにおいしいかと想像してしまったのです。


DSC014871.JPG

とにかく、合格していることを信じて結果を待ちます郵便局

バーバーバーバーバーバーバー

二次試験ですが、
4種類の利き酒と15問の口頭試問です。
(ソムリエはこれにプラスしてサービスの実技があります)

今年は、
@ロワールのミュスカデ
A日本のシャルドネ
Bオーストラリアのシラーズ
Cチェリー・ヒーリング
でした。

最近のソムリエ協会の志向で、
ニューワールドが出るくさい・・
ということで、私は、
・ニュージーのソーヴィニヨン・ブラン
・オーストラリアのシラーズ
・オレゴンのピノ・ノワール
・カリフォルニアのシャルドネ
この辺りが出るのではないかと推測し
いろいろワインを買って飲んでいました。

DSC01498.JPG
半田市のソムリッチにて購入。
オーストラリアのシラーズに、完璧に近い?スペインのシラー。
(オーストラリアがなかったので)
程よく溶けたタンニンがいい感じ。

DSC01409.JPG
関係ないけど、おいしくできた豚の角煮。
スパイシーなシラーズとは相性○。

見事に、同じタイプのシラーズが出たのに、
前日の二次対策のカベルネソーヴィニヨンとダブってしまい
カベルネ→フランス、と答えてしまった。
残念・・ダッシュ(走り出すさま) 
いろいろ飲み過ぎるのも、よくないかも顔(汗)
それにしても、日本のシャルドネにはびっくり。
思い切りアメリカと答えました・・
とてもおいしかったです。
これからは日本のワインにも注目したいです。

けっきょく、4問中2問正解・・

一つも当たらなくても通った人もいるし、
口頭試問や他の問題に期待するしかないです。

発表までは、今まで遊べなかった分を取り戻すごとく
今週はロニィ(ラブラドール♂)と高山わんわんパラダイスへ行ってきます犬(笑)

DSC0149211.JPG

残念だけど、今回はぴか&ちょめちゃんと行くので
マリオ(プードル♂)はロニパパと留守番です家

秋の果物盛り
DSC01476.jpg
こんな風に野菜も飾るとビジンに見えるから不思議猫(足)




ランキングに参加しました↓
banner_04.gif
よかったらクリックしてね♪

ニックネーム mimi at 15:33| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

試験を終えて

DSC01459.JPG

9月になって、随分涼しくなりましたね。
暑い暑い散歩が、だいぶラクになりました犬(足)

さて、4月から始めたワインの勉強の一次試験が
ようやく終わりました。
私の勉強のせいで、せっかくの夏休み、
どこにも行けなかった
ロニィ(ラブラドール♂)と、マリオ(プードル♂)ですが
元気に庭で遊んでいました野球

DSC01442.JPG

それにしても、今回の私の成り行きの挑戦。
ワインエキスパート資格取得!
夏休みを返上するほど、大事になるとは思いませんでした。
なにしろ、思ったよりすごく難しいダッシュ(走り出すさま)
合格率は47%


ちなみに、
ワインエキスパート資格とは、
社団法人 日本ソムリエ協会が実施している
「ソムリエ呼称資格認定試験」のひとつで、
資格は3種類あり、実務経験の種類と年数によって、
資格の呼称が異なります。

ソムリエ:飲食業での5年以上(協会正会員は3年以上)の実務が必要
ワインアドバイザー:輸入・販売業での3年以上(協会正会員は2年以上)の実務が必要
ワインエキスパート:経験不問。年齢制限(20才以上)のみ


ソムリエ資格の条件である、飲食業勤務5年以上
というのは、ワインに係っていなくてもいいそうです。
すし屋でも、喫茶店でもOKということです。
そして極端な話、証明のサインさえもらえれば、
実際働いていなくても通ってしまうということです。

私はワインエキスパートでの受験となりました。

それにしても、いざ勉強を始めると、
覚えることが山のようにあるし、
暗記だけでは解けない問題もたくさん。

そして、何より痛感したのが
30代からの勉強の大変さ。
大学受験のときのようにはいきません。
時間もないし、若さもないのですたらーっ(汗)

DSC01444.JPG

まず24時間の中で、どうにか一日2時間作り出し
勉強をしようと思うのですが
いざ勉強を始めても、集中力が続かない。
すぐ眠たくなる眠い(睡眠)

DSC01467.JPG

今回の資料一式。

仕事と家事と犬の世話でキチキチの一日、
唯一の勉強時間が通勤電車の中電車

涙ぐましい、単語張の数ダッシュ(走り出すさま)
DSC01468.JPG

勝負は1週間前!と言う先生の教えに従って
夏休みは一日中、過去問題を解いたりして、
生活の中心が試験勉強となりました。

そうそう、主婦の方が挑戦する場合は
旦那様の協力が必要です。
うちの場合は、試験を受けるように進めてくれたのは
何を隠そうロニパパなので、家事はそっちのけでしたが
大目にみてくれました。

勉強してみて、内容的には独学でも充分できると思います。
でも、私は無理です。
スクールに通っていないと、途中で投げ出す可能性大です。
今回通ったワインスクールは13人のクラスでした。
平日のお昼に2時間、週一回です。
ソムリエが8人、アドバイザーが2人、エキスパートが3人です。
先生は、けっこうスパルタで、答えられないと立たされたり
呼び出されたりしました。
この年で立たされるなんて〜
と思いますが、スパルタの方が頑張れるのかも。
ちなみに過去の合格率は100%だそうです。

そんなスパルタの先生が、試験前に自腹で
生徒全員にこんなプレゼントをくれました。
カンゲキ〜ぴかぴか(新しい)

DSC01472.JPG

先生の期待に答えられるか、
結果は来週発表です顔(汗)

スクールでは、結果発表を待たずに
二次対策(利き酒)が行われています。
今のところサボっている私ですが、
ちょっと不安になり、家でワインを買ってみたりしました。

同じ品種の産地違い。
DSC01434.JPG
ニュージーランドのソーヴィニヨンブランと
フランス・ロワールのソーヴィニヨンブラン

DSC01435.JPG
ロニパパに協力してもらって、
わざわざブラインドで出してもらったけど
あまりに色が違ったので、わかってしまいました。
濃い方がフランスです。

なんだかんだ言って、
ただワインが飲みたいだけなのです顔(イヒヒ)

酒飲みに、付ける薬なし猫(足)


ランキングに参加しました↓
banner_04.gif
よかったらクリックしてね♪


ニックネーム mimi at 22:59| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする